top of page

レイワンでのSDGsに関する4つの取り組みとは?



こんにちは!レイワンです。


「SDGs」という言葉を聞いたことはありますか?テレビや雑誌など、さまざまなメディアで取りあげられる機会が増えてきました。


レイワンでも「快適な暮らしのための空間づくり」という経営理念のもと、水回りリフォーム事業を通じて、SDGs達成のための貢献活動に取り組んでいます。今回は、SDGs×レイワンの取り組みについてお話をします!



SDGs(持続可能な開発目標)とは


SDGsとは、Sustainable Development Goalsの頭文字をとったもので、この先もずっと住み続けられる地球にするために、環境問題や暮らしの問題を解決していこう。という願いをもとに作られた「2030年までに達成すべき17の目標」になります。



レイワンでのSDGsに関する4つの取り組み


①快適な暮らしの提供

「マニュアルに基づく安全で品質の高い施工」「お客様の声を社内で共有し、サービスの改善化」「外部の実務研修への参加による職人のレベルアップ」などの取り組みを通じて、お客様に快適な暮らしを提供しています。


②環境負荷の低減

「事務所照明のLED化」「廃棄物の分別管理・リサイクル」「燃費効率の良いCVT車への切替え」「自然にやさしい洗剤・薬剤の使用、節水の励行」などの取り組みを通じて、環境負荷の低減に努めています。


③誰もが働きやすい魅力ある職場づくり

「適材適所への人材配置、健康診断受診」「従業員との定期面談による職場改善事項のヒアリング」「安全衛生協議会による安全意識の向上」などの取り組みを通じて、健康で安心して仕事ができる職場づくりをしております。


④ガバナンスの強化

「経営理念の明文化および社内周知」「取引先との公平な取引関係の構築」「合意事項の文書化」などの取り組みを通じて、みなさまからより一層信頼される企業を目指しています。


Comments


bottom of page