top of page

リフォームの見積書で知っておくべきポイント・注意点


こんにちは!レイワンです。


リフォームを検討されているみなさんは、業者選びをするために、複数社から見積書をとられるかと思います。見積書は1つの判断基準になりますが、ここだけで比較をしてしまうと、危険な点もいくつかあるので注意が必要です。


そこで今回は、リフォームの見積書を知っておくべきポイント・注意点について解説をしていきます。



リフォームの見積書で知っておくべきポイントとは?


・「平米単価」で計算できないこともある 

「家全体」のクロスの張り替え工事の場合、平米単価1000円×200平米=20万円と計算できますが、「トイレ」の張り替え工事のみの場合は、平米単価1000円×5平米=5000円と平米単価で計算ができません。


狭いエリアのリフォームは、平米数と工数が比例しないので、平米単価で計算をすることが難しいからです。ある程度の広さであれば、平米単価で計算をできますが、すべてのエリアでは適用できないということを知っておきましょう。


・「一式」でしか書けないこともある

「(一式)と書いてある見積書」は不親切で良くないと言われることもありますが、一式としか書けないケースもあります。


さまざまな工数があるリフォームの場合は、取付工事や建具の交換といったすべての工程を書面に記載することができないからです。そういった場合は、設置に伴う工事費用一式と書くケースがあるので、どんな費用が含まれているかを業者に直接確認してみましょう。



リフォームの見積書を比較するときの注意点


見積書のリフォーム内容と金額だけで、業者を比較するのは危ないです。例えば、キッチンリフォーム一式と記載がある場合、キッチンをどこまでリフォームのするのか?といった具体的な内容が書面では分からないからです。


複数のリフォーム会社から見積書を発行してもらい、それを比較することはかなり難しいので、しっかりと説明を聞くことをおすすめします。安すぎる見積書の場合は、何かの工程が省かれていることもありますので、注意が必要です。


根拠を説明してくれる業者かどうか?といった誠実さも見ておくと、適切な業者選びができると思います。


レイワンではお客様のご要望をヒアリングして、できるだけ理想とするリフォームが叶えられるようにご提案いたします。


見積書の工事内容を分かりやすくご説明いたしますので、リフォームを検討中のみなさんは、ぜひ一度ご相談くださいね!

Comments


bottom of page