top of page

【洗面ボウルの施工事例】「小さくて不便なボウル」から「オーバーフロー付きの使いやすいボウル」へ



こんにちは!レイワンです。今回は、洗面ボウルの交換リフォーム事例をbefore⇒afterでご紹介いたします!

 


【before】ボウルが小さすぎて、使いにくい…



「洗面ボウルのサイズが小さいため、使いやすい大きさにしたい」という依頼から、リフォームがはじまりました。

 

ボウルは古くなかったのですが、サイズが小さく、水がはねて掃除の手間がかかったり、つけ置き洗いがしにくかったりと、日常での不便さがありました。

 


【after】オーバーフロー付き!使いやすい洗面ボウルに交換



大きめのサイズに交換し、ボウルの形状は、ラウンド型からスクエア型に変えました。

 

スクエア型のほうが、シンクの面積を大きくとれるので、広くて使いやすいというメリットがあります。

 

「オーバーフロー」という溢れ止めが、シンクの中にあります。水位が上がったときに、溢れるのを防いでくれるので、うっかり水浸しにしてしまう心配がありません。

 


洗面ボウルの「形」の種類とは?


・ラウンド型

曲線があって、柔らかい雰囲気があるのが特徴。おしゃれなデザイン性を求めている方におすすめです。


・スクエア型

洗面ボウルの直線がシャープで、広く大きく使えるのが特徴。モダンな雰囲気がほしくて、使いやすいものを求めている方におすすめです。



洗面ボウルの「材質」の種類とは?


・陶器

価格が安く、傷や汚れがつきにくく、デザイン性も豊富です。お手入れも簡単なので、多くの洗面台で取り入れられています。


・ホーロー

陶器と鉄を焼き付けた素材で、耐久性や耐熱性が陶器よりも優れています。ただし、取り扱いメーカーは少ないです。


・人工大理石/樹脂製(プラスチック)

石粉、樹脂などを混ぜて作られた素材です。陶器やホーローに比べて軽さがあり、汚れがつきにくいというのが特徴です。

 

洗面台のリフォームをご検討中のみなさん、ぜひ一度レイワンにご相談くださいね。

Comentarios


bottom of page