top of page

リフォームローンの取り扱い先・選び方とは?


こんにちは!レイワンです。キッチン、トイレ、お風呂、洗面台といった水回りスペース。住宅の老朽化やライフスタイルの変化によって、リフォームを検討しようかなと思われる方も多いのではないでしょうか。


リフォームにはある程度の資金が必要なため、今持っている資金だけでは足りないという場合もあるかもしれません。そんなときに資金面をサポートしてくれるのが、リフォームローンです。


今回は、リフォームローンとはどのようなもので、どこでどのように申し込めばいいのかについて解説をしていきます。



リフォームローンとは?


その名の通り、リフォームの際に利用できるローンのことです。住んでいる家の修理や増改築、キッチンやお風呂などの水回りの工事などで利用できます。新築の工事では利用できません。



リフォームローンの取り扱い先


リフォームローンの申込み先として多いのが「銀行」です。「リフォームクレジットローン」や「フラット35リノベ」等を利用するという方法もあります。


担保提供、初期費用、審査の時間、借入限度額、借入期間がそれぞれ違います。


銀行やリフォームクレジットローンは担保提供や初期費用がないケースが多く、審査が数日で完了することが多いです。


フラット35リノベの場合は、担保提供や初期費用が必要で、審査が2週間ほどかかることもあります。ただし、借入限度額が大きくて、最大35年の借入期間も組めるというメリットがあり、銀行やリフォームクレジットローンと比べると金利が低いです。



リフォームローンの選び方とは?


トータルで支払う費用を抑えるためにも、できるだけ金利が高くないローン会社がおすすめです。いろんな機関の金利を比較してみましょう。


また、担保提供を求められる場合は、支払う金額が高くなりやすいです。審査は通りやすいですが、抵当権設定費や融資手数料、司法書士への依頼料などが必要になります。審査面で特に問題がない場合は、担保提供のないローン会社を選ぶようにしましょう。


リフォームローンを申し込まれたいという方は、私たちレイワンが銀行をご紹介することもできます。お気軽にご相談くださいね!

댓글


bottom of page