top of page

【床のリフォーム施工事例】「落ち着いたブラウンの床」から「モダンな雰囲気の白フローリング」へ


こんにちは!レイワンです。今回は、床の張り替えのリフォーム事例をbefore⇒afterでご紹介いたします!


【before】落ち着いたブラウンの床フローリング



「お部屋の雰囲気を変えたいので、床リフォームをしたい」というお客様からのご依頼でした。玄関、リビング、キッチンまで床の張り替えを行いました。



床材はPanasonic(パナソニック)のウスイータを使用。1.5mmという薄さと軽さがあり、カッターで切れてサイズ調整もしやすい床材なので、DIYできる床材としても注目されています。


20種類ものバリエーションがあるので、お好みのフローリングを見つけやすいというのも人気の理由です。


また、テープを貼って上から貼り付けるだけなので、大規模な工事がいりません。スピーディーにリフォームできるので、1日で完了しました。


こちらの住宅では設置していませんが、床暖房にも対応できます。



【after】現代っぽさのあるホワイトのフローリング



従来のブラウンの床から、モダンな雰囲気のあるホワイトのフローリングになりました。お部屋が明るく感じられますし、木目も入っていて温かみもあります。


薄い床材ですが、すり傷やへこみ傷に強いため、表面の光沢が長持ちします。ワックスがけなしで、から拭きだけでOKです。また、SIAAマーク表示の抗菌・抗ウイルス加工シートを使用しているので、床につきやすい細菌やウイルスを減少させることができます。



床をセルフリフォームする際のデメリットとは?


「DIYで床の張り替えできるのでは?」と思ったことがある方も多いと思います。しかし結論から言うと、DIYでフローリングの張り替えはできますが、デメリットが大きいです。


DIYをするための工具を購入しなければならないですし、失敗してしまった時にやり直しをしなければならなくなり、かえって費用がかかる場合もあります。工具はその時しか使わないですし、やり直しをしなければならなくなってしまった時のことを考えると、最初からリフォーム会社に頼んだほうがいいでしょう。


また、認定を受けている会社によるリフォームでないと、メーカー保証が利用できない場合もあります。リフォームにかける費用や労力、保証面を考えると、リフォーム会社への依頼がおすすめです。


床のリフォームをご検討中のみなさん、ぜひ一度レイワンにご相談くださいね。

Comments


bottom of page