top of page

【玄関ドアの施工事例】「昔ながらのアルミ扉」から「断熱性のある最新ドア」へ


こんにちは!レイワンです。今回は、玄関ドアのリフォーム事例をbefore⇒afterでご紹介いたします!


【before】昔ながらのアルミ扉で、寒さのある玄関

他の水回りスペースのリフォームも検討されていましたが、「ドアが古くて、玄関がとても寒い」というご依頼もいただいたため、リフォームが始まりました。


昔ながらのアルミ素材の扉で、外からの冷気が入りやすかったため、寒くなりやすい玄関でした。老朽化も進んでいたこともあり、断熱性能のある最新ドアに交換することになりました。


【after】断熱性能のある新しいドアに交換



大枠をすべて外して、新しいドア枠をかぶせて取付ける「カバー工法」で工事を実施。壁を壊さなくていい施工方法なので、リフォームが1日で完了しました。


新しい扉はYKKの「ドアリモ」を使用。デザインと色の種類が豊富で、21種類もあります。玄関の雰囲気に合わせて、お好みのドアにリフォームが可能です。


こちらのドアは通常の鍵タイプですが、スマートコントロールキーという専用アプリで鍵施錠ができるタイプのものもあります。



レイワンで玄関ドアのリフォームをしてみませんか?


私たちは水回り専門のリフォーム会社ですが、壁や床といった内装工事、屋根や塗装といった外構工事のご相談も承っております。


「古い家に住んでいるので、いろんな場所が使いにくくなってきた」「ライフスタイルの変化があったので、もっと過ごしやすくしたい」など。


複数のリフォームを検討されている方も、さまざまな工事ができるレイワンだからこそ、リフォーム全体のアドバイスをすることができます。


リフォームに関するご要望、解消したいお悩みをヒアリングして、みなさんのご予算に合わせたさまざまなプランをご提案いたします。ぜひ一度、ご相談くださいね。

Comentários


bottom of page