top of page

キッチンの形状・設置方法は、どんな種類がある?



こんにちは!レイワンです。キッチンリフォームを考えはじめたときに、どのようなキッチンを選べばいいのか、迷われる方も多いと思います。そこで今回は、キッチンの形状・設置方法の種類について解説をします。


キッチン設置方法の種類とは?


・対面型・・・「リビング側」に向かうタイプのキッチンです。料理をしながらリビングを見渡せるので、リビングで流れているテレビを見ることもできますし、家族の様子が見渡せる良さがあります。特に小さなお子さんやご高齢の方がいる場合は、料理中に目を配ることができたら安心できますよね。


・壁付け型・・・「壁側」に向かうタイプのキッチンです。対面型ほどの場所を取らないため部屋が広くなりますし、においや音が広がりにくいという良さがあります。壁との間に空間を作らないので、キッチンスペースは最小限にして、他のお部屋を広くしたいという方は壁付け型がおすすめです。



キッチン形状の種類とは?


・Ⅰ型・・・コンロとシンクが1列に並んでいるシンプルな形状のキッチンです。一直線なので限られたスペースでも置きやすいという良さがあります。


・Ⅱ型・・・コンロとシンクが2列に分かれているタイプのキッチンです。どちらか片方をカウンターのようにして対面型にしたり、カウンターの高さを変えたりすることもできます。


「アイランド型」という周回できるタイプのキッチンや「ペニンシュラ型」というカウンターの片側が壁に付いているタイプのキッチンもⅡ型に含まれます。家族並んでいっしょに料理をしたいという方に最適です。


・L型・・・コンロとシンクをL字型に並べたタイプのキッチンです。キッチン内の動線を短くできますし、Ⅱ型ほどの広さをとらずに作業スペースを確保できます。


・U型・・・L字型に対面のテーブルを追加したタイプのキッチンです。L型よりもさらに作業スペースがあるので、広々と使うことができます。


キッチン形状はいくつかの種類がありますが、スペースの大きさによっては選べないものもあります。どの設置方法・形状タイプを選べるのか知りたいという方は、私たちレイワンにご相談くださいね!


Kommentare

Kommentare konnten nicht geladen werden
Es gab ein technisches Problem. Verbinde dich erneut oder aktualisiere die Seite.
bottom of page